小じわ対策には、保湿が重要?!

こじわ対策に必要な保湿の重要性について

年齢を重ねるにつれて抱えるお悩みの一つが「顔のしわ」になります。
その中でも、目じりの小じわとほうれ線の悩みが比率として多いのではないでしょうか。

 

私の場合、ここ数年は目しじりのしわが非常に気になっていた為、自分なりの対策を講じて参りました。
最近では雑誌やメディアでも様々な商品が紹介されていたり、マッサージ等で軽減させるノウハウも紹介されておりましたので当初はそれらを参考にあれやこれやとトライしていました。

 

 その中で、理解できたのが「十分な保湿」です。改めて考えてみても、もっとも基本的なことなのですが、普段はあまり気にも留めずに生活していた自分を少々悔やみます。
私がこれだと思ったのは、人の紹介で試供品から始めた、某化粧品メーカーで販売している化粧水と、透明美容液の2種類だけ。

 

説明書を読むと、化粧水は一度に5回程度塗りこむ必要があり、当初はなんて面倒なんだとうと、忙しい朝には思ったことも度々でしたが、指示通りに使用していくとどんどん水分がシミにも浸透しているのがわかるほど、シミの深さが軽減されてきました。

 

極め付けは、透明美容液です。たった1滴を手のひらにとって顔になじませるだけ。その伸びの素晴らしさに驚きました。
肌の状態や好みや希望価格は人によっても異なるため、あえて銘柄をご紹介す避けさせていただきますが、ただ、保湿の重要性は間違いないと、身をもって断言できますので、これから秋に向け、乾燥に気を配る皆様にも参考にしていただけたらと思います。

 

小じわを少しでも改善させるために

35歳をすぎた辺りから急に小じわ、目じりの皺が増え始めたました。
どちらかというと、最初はたるみを私は気にしていました。

 

ところが、職場で夕方に手鏡を見たときに、ちりめん皺に驚きました。いつの間にこんなに皺ができていたのか・・。
乾燥が原因だと思い、そこから保湿にはかなりこだわって化粧品を選んでいます。

 

ですが、できた皺は中々浅くなりません。
目元の皺は笑った時にできる皺が原因だとよく聞きます。某女優さんはなのでプライベートでは一切笑わないようにしていると聞いた時があります。
さすがにそれは一般の私にはできません。

 

そこで何か化粧品で効果があるものはないかと探しまくりました。
見つかったのが、皮膚科で処方してもらえるヒルドイドクリーム。

 

元々は、乾燥予防のための体に塗るクリームらしいですが、皮膚科で働いている友人から顔の皺にも効くと聞きました。
そこで顔全体に最初から塗るのは抵抗があったので、目元クリームとして使い始めました。

 

1週間経過した辺りが一番効果が分かったように思います。
なんとなく皺が薄くなった?そして目じりにあるシミが薄くなった?と感じました。これは使える!

 

それから薄く顔全体にも使用し始めることに。3か月ぐらいたちますが皺が深くなることはありません。薄くなったとも思えないけれど現状は維持できているからいいとしよう。
そして何より、高いメーカーで効果なしより、保険がきいて600円ぐらいなのでかなりコスパがいい。
もう少し使い続けてみようと思います。